読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

布団あります まくらことば活動日記

歌ものロック/ポップスバンド、まくらことばのブログです。

風がはこぶ季節

吹雪

こんにちは。吹雪です。いよいよアルバムが完成しました。

リーダーのキョウスケがボーカルの取り直しの最中、私は何をしていたのか。

ダメ出しの言いだしっぺたるこのわたくしは、いったい何をしていたのか。

 

私は秋葉原に行って「初音ミクのARマーカーを探そうプリカイベント」に出ていました。寒空の下、数時間秋葉原を歩き回って見つけたのはたったの3つ。全部で39もあるのに……。

 

それから家に帰るとアニメを見ながら初音ミクのゲームをしていました。

ええ。最高の時間の使い方です。

 

このように貢献度の低い私が言うのもなんですが、まあ、いいアルバムできたのではないかと。

せっかくなので、発売に当たって、このアルバムのレコーディング秘話みたいなものを少しだけお話しできたらと思います。

 

まず、「誰も彼女がわからない」から。

この曲は、「すごいポップな曲できた! スピッツに提供してもいい!」というキョウスケの言葉から始まりました。

「楽しい曲っすね。ドラムはどんな感じですか」と相談すると、

「80年代のフルーツインゼリーのCMにかかってそうな感じ」だということでした。(彼はそう発言していませんが、彼の目がそう言っていました)。端的にいって、ボーイっぽくしてくれと。

それでできたのがこのリズムパターンとノリです。いい感じではありませんか。

 

次は、「風は吹いたかい」

この曲は、「卒業式に使ってほしい曲できちゃった」という一言からはじまりました。もちろん、彼はそう言っていませんが、彼の目がそう言っていました。

それで、最初のハイハットは、静謐な時間を刻むイメージにし、後半は在校生の合唱で盛り上がる感じでドシャーンと思い切りシンバルを入れたところ、音量が下げられていました。なんでや。

この曲が最終的には卒業式で歌われ、我々は学校をまわってライブできればいいなと思います。

 

最期に「街はにぎやか」

この曲は、キョウスケが、「社会のすべてに絶望したときに作った」という一言から始まりました。

シンプルかつ重めのビートに激しいフィルインを合わせました。フィルインBPMは220オーバーです。キョウスケは「速いフレーズ最高!!」と言っています。

キョウスケの暗い一面を表現する、これだけでもニヤニヤしてしまいますな。

 

ほんとはもっとあるのですが、またの機会に譲りましょう。

楽しみつつ、衝突しつつ、形になったのは感慨深いです。

 

 

 吹雪