読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

布団あります まくらことば活動日記

歌ものロック/ポップスバンド、まくらことばのブログです。

(文字通り)活動報告

おはようございます、まくらのさときよです。

桜も散って春本番の日々ですが、まだまだ朝晩は寒いですね。

我が家は毎年、なんだかんだ言ってゴールデンウイークあたりまでこたつを出しているのですが、やっぱり今年もそんな感じになりそうです。

 

さて、4/30のアルバムリリース、そして5/28のライブに向け俄然忙しくなってきたまくらことば周辺ですが、ここ最近の動きをご報告ということで。

まず音源のほうですが、現在の完成度はそうだな、6割方といったところでしょうか。

楽器隊についてはですね、メンバーがいつになく入念な曲解釈を施していることもあり予定より若干押し気味なのですが、これはすごくいいことですからね、歓迎したいと思います。

問題はサトーの歌入れでありまして、ここ1か月あまりの間、花粉症でボロボロに痛めつけられた彼奴の鼻と喉のコンディションは最悪に近く、これホント時期の設定を間違えたかな、なんて思う今日この頃です。

でもたまに奇跡的に鼻が通って喉も悪くない状態の瞬間がありますので、そこをとらえてえいやっとやるしかなかろうと。

 

なにより作業の進捗を遅らせているのが、現在トラックを重ねたり編集しているサトーがですね、作業中に曲に聴き入ってしまってなかなか仕事がはかどらないということなんですね。

いやだってさ、ホント曲がいいもんでさ、しかもこれらの曲って現時点ではウチの書記長からでしか聴けないわけでしょう、そりゃ聴いちゃうって。

以前、いい加減な曲を作ったら作業の工程で何百回と聴くのに耐えられなくなる、なんてことを言いましたが、あまりにいい曲を作ってしまうと、それはそれで作業が滞ってしまうんだなぁと実感する次第であります*1

 

そして曲解釈という部分とも関連するのですが、意外なバンドマン気質のADが、「一人であれこれやるより、みんなで合わせたほうがベースラインが浮かんでくるんだ!」とアツい一面を見せたこともあり、先週末ですか、久々のバンドスタジオ練習に入ってきました。

思えば前回のライブはあけみちゃん*2に手伝ってもらったからね、きちんとレパートリーをマスターした状態で3人でスタジオ入りするのって、考えてみたら初めてなんだよね。

ということで現在レコーディング中の新曲含め、3人でみっちりとレッスンしてまいりました。

そう、今回のライブはね、結局全編3人編成でいこうと思うんです。

一番にはですね、今回は音源をちゃんと作って臨むので*3、「盤とライブは別モノ」ということが言えるようになること。

それとね、サポートの人に入ってもらうのはこの先も考えていることなんだけど、一回は3ピースでやっておくべきなんだろうな、とも思うんですね。

ま、そのほかにも事情はあるんですが、とにかく3人で行くと覚悟を決めましたので、皆さんの聴くに耐えうるクオリティに仕上げるべく、これから練習に励む意気込みであります。

 

それとアルバムのパッケージですが、これがね、ちょっと類を見ない画期的なものになりそうなんですわ。

紙ジャケ? デジパック? いやいや、想像のナナメ上を行く体裁で考えておりますからね、これまた乞うご期待ですな。

そんでもって全部手作りですからね、初回数量は正直そんなに多くできないんです*4

だからね、なんていうかね、予約が欲しいのよ、アタシたち……。

近日中に値段も決めて予約方法も発表いたしますので、その折はぜひとも!

 

最後に5/28(水)のライブですが、まだまだ情報は追加しますが、アウトラインは決まりましたので、すでにモナレコードさんのサイトでは告知が始まっております。

http://www.mona-records.com/live/2014/05/live_052819.php

えー、チケット代は2000円です。

これね、sheepさんと山田さんにご出演いただくことを考えると相当なバリュープライスというか、まくらことば抜きでもいんじゃね?な値段設定だと思うんですがこれいかに。

とにかくみなさん、5/28は下北沢においでくださいませ。

 

ああ、明らかな営業モードだわ、おれ。

*1:こいつ馬鹿だ、アタマおかしいと思うでしょ? いや実際聴いてみって、ホントいいから。誰が作ったかとか関係ないからね、もう。

*2:Lazsも目が離せない感じになってきたらしいですよ、楽しみ!

*3:前回は音源の前にグッズという香具師体質を前面に出したまくらことばですが、今回はきちんと音楽集団のあるべき手順を踏むのです。あ、でも香具師なのは相変わらずで、超強力なグッズを用意してまっせ、ぐふふ!

*4:売れないからだろ、というガヤは無視。