読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

布団あります まくらことば活動日記

歌ものロック/ポップスバンド、まくらことばのブログです。

我が道を行く

おはようございます、まくらことばのサトスです。

今朝はなんでも大阪で降雪があったようで、東京はそんなに寒く感じないのですが、確実に秋が遠ざかっていることを感じる季節になってきました。

四季といいつつ、その変わり目には微妙なグラデーションがあって、たった17文字の中に必ず季語を入れなければならないという窮屈なルールの俳句が何百年も絶えないのは、この国の季節の表情が複雑だからなのでしょう。

と言っても私、俳句をたしなむようなクチではございませんが。

 

さて27日のライブの高揚もさめやらぬ中、その後の動きというか化学反応みたいなものがほうぼうから聞かれており、まったくもって「生まれて育ってくサークル」とはよくいったもんだ、さすがオザケンと唸っているのであります。

 

まず、昨日の記事で触れた社交辞令とは無縁の行動力でおいでくださった方ですが、「たむよねはる」というユニットのうちのお二人であることが、twitterのからみで判明しました(そのうち「たむ」さんと「はる」さんなのかな、と推察しますが間違ってたらゴメン)*1

たむよねはるさんは「やんわーりとアートっぽいことが好きな女3人組」とのことですが、みなさん絵やグラフィックデザインなどの作品をつくられているようで、私も興味津津なのであります。

12月12日からは、「東京ひっそり展」と題して下北沢のギャラリーカステラさんでグループ展をやられるとのこと、そりゃ行くに決まってるでしょう!

や、ご恩返しとか抜きにして、ホントに楽しみにしております。

 

それとですね、昨日家に帰ってかみさんからいろいろ聞いてびっくりしたんですね。

かみさんは昨日会社休みで*2、以前オーダーしていた作品をとりにADのお店に行ったらしいのですが、そこでなんと、あの「第3の株主」様*3に遭遇したというのです!

……ゆさくん、ライブ翌日って、現実ってやつは本当にストレンジだねぇ。

このストーリーが今後どう展開していくのはGod Only Knowsですが、あまりの偶然に口が開きっぱなしのサトーなのであります。

 

そして一昨日ライブをやらせていただいたモナレコードさんからも、嬉しいことに非常に好意的なご感想をいただき、「ぜひまた!」というお話をいただきました。

次は企画でお願いします、という話をADとともにご相談したのですが、つい2か月くらい前まで、「バンドやってる友だちって意外といないんだよねぇ」と嘆息していたわれわれにもかかわらず、数々の素晴らしい出会いを経て、サトーの頭の中ではかなり具体的にキャスティングを考えるまでに至っております。

実は、ライブで初めてお会いしたイラストレーターさん*4がバンドをやってらっしゃって、「ぜひご一緒に!」というお言葉をいただきまして。

この「生まれて育ってくサークル」には、たむよねはるさんが体現したように社交辞令は存在しませんので、サトーは思いっきり真に受けている次第でございます。

そんでもってあけみ嬢率いるLazsはもう当たり前に出てもらうでしょ、あとはあの人も、あの人にはこれを……うん、もう企画できるじゃん。

 

……と、いろいろ楽しい想像をあれこれ巡らせながら、昨夜、あけみさんに貸していたギター*5をいじっていたところ、ケースからまくらことばの曲のコード譜が出てきました。

そこには彼女の書き込んだコードフォームやいろんなメモがあって、なんかちょっとじんわりくるものがありました、ああ、頑張ったんだなって。

でね、なんかそれを眺めているうちにね、よし、新しい曲つくろう、って思ったんです。

さっき想像してたような楽しい時間をまた出現させるためには、いったんここで孤独に荒野に向かって歩きださなきゃいけないんだなって――あけみちゃんが新しい曲を書くように、コトリさんが新しい絵を仕上げるように、おれも一人で井戸の底に下りていかなきゃいけない時がまた来たんだなって。

みんなそれぞれ、あの場所に集った人がそんな時間を経てきているから、一昨日は忘れられない楽しい夜になったんですよね。

 

いま私の頭の中には、こんな曲が流れています。

そしたら、時が教えてくれるだろう

誰がたおれ、誰が残されたか

きみはきみの、僕は僕の道を行くとき

 

ボブ・ディラン「我が道を行く~Most Likely You Go Your Way(And I’ll Go Mine)~」

*1:SNSの威力ってすごいですね。でもやっぱり、リアルと融合した時にこそその真価が発揮されるんだなぁ、と改めて実感。やっぱリアルありきだよね。

*2:なぜ昨日、かみさんが有給を取得し、私が7時半に出社して仕事していたのか、理解に苦しみます。逆だろうフツー?

*3:http://makurakotova.hatenablog.com/entry/2013/10/30/092856参照

*4:サトーが仕事で非常にお世話になっている装丁家の黒瀬さんhttp://www.nakagurograph.com/がお誘いくださった方です。黒瀬さん、ありがとう!

*5:ギブソンES-335。悔しいことに、サトーよりあけみちゃんに圧倒的に似合うという。