読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

布団あります まくらことば活動日記

歌ものロック/ポップスバンド、まくらことばのブログです。

あるアマチュアバンドからの影響

おはようございます、まくらことばのサトスです。
いやー、気を付けてはいたんですが不肖サトー、ここにきて風邪をひいちまいました、しかも熱・喉タイプの厄介なやつ。
んー、今日の夜はお待ちかねのバンド練習なんだよね、どないしましょ。
ま、会社にはしっかりギターとボード持ってきましたからね、準備はばっちりなんですが、なんとか仕事中に封じ込めてしまいたいもんです、この風邪。
あ、でもあれか、例の音量問題、今日の私のコンディションのボーカルに合わせれば、一気に解決するかもね。

さて、吹雪様より「バンドマンじゃなくてブロガーじゃないですか」と警句をいただいたサトーですが、私が西城秀樹ばりにやめろと言われてもこのブログを頻繁に更新したがる理由の一つに、あるバンドをお手本にしているというのがあります。
そのバンドとはフジコオーバードライブさんでありまして、以下HPよりプロフィールを引用させていただきます。

fujico overdrive(フジコ・オーバードライブ)は、2005年9月に結成された、社会人アマチュアバンドです。主に日本語詞によるオリジナルのロック/ポップスを演奏しています。社会人の“週末の余暇”として楽しむことを念頭に置きながらも、あくまで向上心を失わず、カッコイイ楽曲を発信することを目指して活動中です。活動地域は東京がメインで、季節に一度ほどのペースでライブを開催しています。メンバー4人の平均年齢は、2013年遂に40歳を超えました。

私がフジコさんを知ったのは、テレキャスターの改造についてネットであれこれ情報収集していたところ、私などとは比べものにならんくらい楽器・機材好きな方のブログを見つけたことに始まります。
その記事がまたサービス精神にあふれた大変に面白いもので、すぐにブックマークさせていただいたそれが、フジコオーバードライブさんのバンドブログだったんですね。
ブログ更新は週に1回くらいでしょうか、コンスタントに良質な記事をアップしておられる。
読んでいくと、知り合いでもなんでもないアマチュアバンドにどんどん興味を惹かれる自分がいて、ブログから魅せられてそのバンドのファンになることもあるんだなぁと感じ入った次第なんです。

フジコさんのブログの記事は主にリーダーのナカヤマさんが更新されているのですが、相当に機材、特にエフェクターがお好きな方のようで、日々試行錯誤されている様子が本当に楽しそうに伝わってくるんです。
それでね、ナカヤマさんの楽器趣味のスタンスがまた素晴らしくて。
金にモノを言わせてヴィンテージ機材を買いまくるオヤジ趣味としてではなく、あくまでプレーヤーとして使えるものを探求していこうという現場主義には清々しさすら感じます。
なんだけどある記事では、「自分は正月とかの楽器屋のセールは行かない、若い人にいい楽器を安く買ってもらいたいから」みたいなことも書かれていて、ちょっとかっこよすぎるというか、お会いしたこともないのに惚れちゃいましたよ私は。

フジコさんのブログは、ナカヤマさんだけでなくメンバー持ち回りで書かれているのですが、みなさん、自分のお好きな音楽の話やバンドのあれこれをおもしろおかしく書かれています。
えてして自意識のショーケースみたいになりがちなミュージシャンのブログにあって、どなたも本当に読む者を意識している絶妙なスタンスで書いていらっしゃって、サービス精神に溢れた方々だとわかりますね。
基本、あまりアツいことは書かれず、軽妙なタッチの記事がほとんどなんですが、ときおりまろび出ているバンドをやる上での哲学とか、音楽への思いだとかがすごく伝わってきて、「ああ、そうだよな」と一人膝をうつこともしばしのサトーなのであります。

音のほうもHPから聴くことができるのですが、ニューウエーブを基調としたオリジナル曲の数々は、かなり完成度が高いです。
メンバーのプロフィールを拝見すると、80年代という共通項は見いだせるものの、みなさん趣味はバラバラ。
なんだけど音源からは不思議と、皆さんがフェイバリットとして挙げておられる音楽の影響がどこかに感じられ、それぞれのルーツを見事に消化していることがうかがえます。
たぶんみなさん、いろんなバンドを経験してこられて、結果的に「メンバーの趣味の違いなんて当たり前だよね」という境地に達したのでしょうね、じゃないとこの音は出せないですよ。

なんかね、私はフジコさんのスタンスがすごく好きだし、参考にしたいと思っているんです。
手練の大人が集まって高っいPRS持ってサンタナとかのコピーやってるオヤジバンドでは決してなく、自分たちの資質と経験に基づいたオリジナル曲をやっている。
かといって、若い人のようなひりひりした切迫感とは無縁、淡々と楽しみながらやるべきことをやっている。
少年のような驚きや新鮮さを今も維持しながら、大人ならではの手さばきで音楽と向き合い、何よりそんなバンドを8年も続けていること。
フジコさんのブログ「四鬼夜行」の1行紹介が、これ以上なくバンドのスタンスを表現しています。
“がんばらないけど、ネバーギブアップ”
うん、メンバーがお互いを尊重し信頼しあっているんだろうな、ホントにかっこいいってこういうことなんだろうな。

まくらことばをやっていくうえで、(勝手に)大いに勉強させていただいているフジコオーバードライブさん、いつか対バンでライブなんかできたらいいなぁ。
その位置にいけるまで、僕らも頑張ります。

フジコオーバードライブHP:http://fujicooverdrive.nobody.jp/
ブログ「四鬼夜行」:http://fujicooverdrive.doorblog.jp/