読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

布団あります まくらことば活動日記

歌ものロック/ポップスバンド、まくらことばのブログです。

We are まくらことば!!!!!

こんばんは、朝型人間にしてみればトワイライトなゾーンに突入しております、サトー@まくらことばです。

 

まずはこの写真をごらんください。

吹雪オンドラムス!

f:id:makurakotova:20130908012625j:plain

そしてゆさオンベース!

f:id:makurakotova:20130908012710j:plain

な、なんとメンバー全員が揃ってスタジオに入っている……!(当然撮影者のサトーがおりますので)

この状態、何か月ぶりかなぁと考えてみたら、なんと8か月ぶりになるわけで、もうこの間に年齢を重ねたメンバーが2人いるという、完全に満が持し過ぎた状態なのでありました。

 

でもねぇ、もうそんなことどうでもいいんです。

今日おれ、ひたすら幸せだった。楽しかった。

このバンドなら、どこまででも行けるって心の底から思った。

だってね、やっぱりこんな楽しいことないですよ、バンドがあって仲間がいて、そのメンバーに自分も入ってるって、こんなに素晴らしいことが世の中にあっていいんじゃろか!?

 

そんでね、やっぱりまくらことばは曲に恵まれたバンドだなと。

今日再確認しましたよ、おれたちの御本尊は曲だってこと。

おれたちサイコー!とかセンスいい!とかじゃなくて、ホントにこの曲たちにメンバーそれぞれが自分を捧げる、夢中になって曲を演奏する、それをきちんとしていれば、この曲たちが自分たちをどっかしかるべき場所に連れてってくれるって思った。

 

いや正直、最近ちょっとやさぐれてたっていうか、自信なくしてたっていうか、レコーディングを不完全な形でやって、それでもまぁなんとか形になってなんかヘンに一段落感が出ちゃってた気がするんです。

そんで新しい曲とかも作ってたけど、なんか違うといいますか、音楽やるってこんな感じだったっけ、みたいな気分がありまして。

前回の記事はその気分が如実だと思うんですが、「ああ、やっぱり手放しで楽しいことなんてないんだなぁ」みたいなヘンな達観みたいなところに逃げ込んでいたところが、自分自身あったような気がします。

 

でもね、今日3人で音出して確信しました。

おれは別に音楽がやりたいんじゃなくて、バンドがやりたいんだ。

それもこのメンバーで、この曲でバンドがやりたいんだってこと。

手放しで楽しいこと? いや、おれにはバンドがあるじゃん、こんな楽しいことほかにあるわけないって。

ずっとバンドやりたくて、ずっとくすぶった思いを抱えてて、ようやくいまこうやって仲間ができたんだって、もう本当にうれしくてしょうがない。

 

おれたちはまくらことば、本日をもって第2章に突入せり!

必ず最高のレコードを作って、見た人が忘れられないライブをやる。

今後ともわれわれまくらことばを、何とぞよろしくお願いいたします。